溶接材料の種類と規格

アーク溶接用材料は、何れかの規格分類にもとづいて製造されています。
わが国では日本工業規格(JIS)により分類していますが、世界的にはISO規格(国際標準化機構規格)、AWS規格(アメリカ溶接学会規格),BS規格(英国規格),DIN規格(ドイツ規格協会規格)などがあり、JISに分類されていない種類のものも少なくありません。
 各国の規格の中では、AWS規格がJISとの類似点が最も多くなっています。

以下に母材材質、溶接法とJISの関係を示します。
母材材質 被覆アーク溶接 マグ溶接 ミグ溶接 ティグ溶接
ソリッドワイヤ フラックス入リワイヤ
軟鋼 Z3211→(詳細 Z3312 Z3313 Z3316
50キロ高張力鋼 Z3212 Z3312 Z3313 Z3316
60キロ高張力鋼 Z3213 Z3312(A5.28) (A5.29) (A5.28) Z3316(A5.28)
80キロ高張力鋼 Z3213 (A5.28) (A5.29) (A5.28) Z3316(A5.28)
低合金鋼(Cr鋼、Cr・Mo鋼) Z3223 Z3317(A5.28) Z3318(A5.29) (A5.28) Z3316(A5.28)
低温用鋼 Z3241 (A5.28) (A5.29) (A5.28) (A5.28)
耐侯性鋼 Z3214 Z3315 (A5.29) (A5.28) (A5.28)
ステンレス鋼 Z3221 Z3321 Z3323 Z3321 (A5.9)
硬化肉盛 Z3251
鋳鉄 Z3252
ニッケル・ニッケル合金 Z3224(A5.14) (A5.14) (A5.14)
銅・銅合金 Z3231 Z3341 Z3341
( )中はAWS規格

[ BACK ]